クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いとは?

クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)

『クラウドファンディングとソーシャルレンディングって同じじゃないの?』『違いとかってあるの?』とお思いの方もいると思います。

今回は、そんなクラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いを詳しく説明していきたいと思います。

クラウドファンディングとは何か

まず、クラウドファンディングとはなんでしょうか。

クラウドファンディング(英語: Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

元々、アメリカ発祥の資金調達方法ですが、日本にもキングコング西野さんがクラウドファンディングで集めた資金で『えんとつ町のプペル』を作成したという話題で知ったという方も多いのではないでしょうか。

【キングコング西野でわかる】クラウドファンディングとは

 

ソーシャルレンディングとは何か

次にソーシャルレンディングとはなんでしょうか。

ソーシャルレンディング(Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(lender:レンダー)を結びつける融資仲介サービスである。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

ここまで読んで、勘のいい方は気付くのではないでしょうか。
クラウドファンディングもソーシャルレンディングもほとんど同じじゃねーか、ということに。

そうなんです。ほとんど同じなんですよね。
どちらもインターネット上で、財源の提供やお金の融資を求めるサービスの総称なのです。

それでは、なぜそれぞれ独立した言葉として世の中に浸透してきているのでしょうか。

リターン(見返り)がそれぞれ異なる

クラウドファンディングやソーシャルレンディングで、大切なお金を提供するのにはどんな理由があると思いますか?
タダでは他人にお金を提供するなんてことはあまりしたくないですよね。(※寄付型のクラウドファンディングも存在します。)

そこで、お金を提供するからにはリターン(見返り)があるのです。

そのリターン(見返り)がクラウドファンディングとソーシャルレンディングの本質的な違いとなってきます。

クラウドファンディング⇒モノ・サービス

ソーシャルレンディング⇒お金(金利

クラウドファンディングでは、モノやサービスをリターンとしますがソーシャルレンディングでは金利を乗せたお金をリターンとします。
なので、ソーシャルレンディングは別名『投資型クラウドファンディング』とも呼ばれます。

まとめ

クラウドファンディングもソーシャルレンディングもお金を出資して、リターン(見返り)を受け取るというところまでは同じです。

しかし、そのリターン(見返り)が何なのかによって、クラウドファンディングなのか、ソーシャルレンディングなのか、と変わっていきます。

資産運用の方法としては、投資型クラウドファンディングとも呼ばれるソーシャルレンディングが有効です。

また、どちらも他人の夢を応援するという点では同じです。1口1万円から投資できるソーシャルレンディングサービスも多いので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

コメント